前処理設備
 脱硫反応器、脱硫吸収器、脱酸素器、メタン分離器、CO2分離器、圧縮機、熱交換器、気液分離器等で構成されます。バイオガス中の微量成分で後続設備に悪影響を与える硫化物や酸素、バイオガスの40%を占めるCO2の他、アンモニアや水蒸気を除去し、後工程で使用する純度99%以上のメタンガスを精製します。バイオガス処理能力は200〜500Nm3/dとなっています。