燃料電池システム
 精製された水素は固体高分子形燃料電池に導入されます。燃料電池の出力は850W×10台となっており、併設のインバーター盤によって交流に変換され、発電した電気は実験棟内の照明や制御室内の電源コンセントで使用することができます。