各種機械設備を設置している機械室、設備の制御・監視、および研究員が執務を行う制御室、生成物の分析を行う分析機器を備えた分析室などがあります。建物は床寸法30m×26m、高さ9.5mの大きさで、可燃性ガスや危険物を取り扱うことから機械室内の機器は防爆設備となっています。また、換気扇は建物内の空気を1時間あたり3回入れ換える能力としています。
エネルギー地域自立型実証研究実験棟