独立行政法人土木研究所
地域における水素エネルギー源の効率的利用に関する研究
 水素を貯蔵したり、輸送したりする場合、気体のままでは容積が大きく、極めて非効率です。そのため、圧縮水素・液体水素・水素貯蔵合金などを利用した貯蔵システム検討されてきました。北海道で研究蓄積されてきた水素活用技術である有機ハイドライド法は、単位重量当りおよび容積当りの水素貯蔵量が大きく、長期間の貯蔵や輸送性に優れています。
 本研究では、芳香族化合物(トルエン)への水素添加による有機ハイドライド(メチルシクロヘキサン)生成、有機ハイドライドからの水素再生、および燃料電池への供給に関する研究を行います。
■水添・脱水素の触媒反応および反応器の模式図